カードローンを選ぶ時には、金利が低い方が有利です。払う利息も少なくなりますが、それだけ元金の減りも早くなり、返済期間も短くなります。カードローンを選ぶ時には、金利はとても重要なのです。

 

しかし、金利の低いカードローンを選ぶのは意外と面倒です。金利5.0%~14.6%とあった場合、適用される金利がどれ位なのかがわからなければ、比較のしようがありません。また、カードローン会社を全て調べて、金利が低い所を探すのも大変です。

 

アコム、プロミス、モビット、アイフル、レイク、東京三菱UFJ銀行、三井住友銀行、オリックス銀行、楽天銀行、みずほ銀行、セブン銀行、イオン銀行、さらには地元の地方銀行など、全てのカードローンを調べるのは現実的とは言えません。1つ1つ調べていくより、大体の傾向を把握した方が、効率がいいでしょう。

 

まず、限度額が数十万円程度であれば、注目すべきは最高金利です。その上で、消費者金融よりも銀行の方が、金利が低い傾向にあります。低金利なカードローンを探すなら、銀行系のカードローンが適しています。

 

また、銀行系カードローンの標準的な金利が14.5%前後です。これよりも金利が低ければ、候補に入れる価値があるカードローンといえます。

 

低い金利のカードローンを使えば借り換えローンとしても役立つ借り入れができるので、現在利用中のカードローン金利が高いと感じている方は、借り換えとして低金利の利用先を探してみると良いでしょう。