カードローンと利息の話

カードローンを契約する前に確認しておくべきなのが利息です。カードローンは使いたい時に自由に借入れができるので、お金のトラブル全般に活躍します。しかし、借りたお金は利息を付けて返済しなければいけません。

 

同じ金額を借りても、返済する利息は大きく変わります。金利が変われば利息は変わりますが、実際には金利さえ低ければいいという単純なものではありません。カードローンと利息について、知っておくべき項目をまとめました。

 

 

利息と金利

カードローンの利息を減らしたいなら、金利が低い方が有利です。利息は年利に対する日割り計算でかかります。金利18.0%のカードローンの場合、10万円借入れして1年でかかる利息は18,000円という計算になります。金利15.0%のカードローンであれば、利息は15,000円で済みます。

 

借入残高は毎月変動するので、単純計算はできません。しかし、金利が低い方がかかる利息が少なくなるのは明らかです。

 

カードローンの金利を考える時には、最高金利と最低金利がある点に注意が必要です。最低金利が低いカードローンがあったとしても、自分がその金利で借りられなければ、全く意味がありません。

 

消費者金融や銀行のカードローンでは、金利は借入限度額によって決まるケースが多いです。例えば金利5.0%~14.5%のカードローンで、限度額が最高500万円だったとします。限度額が100万円未満の場合には金利14.5%、100万円~200万円の場合には金利12.0%、200万円超~300万円なら金利9.0%、300万円超~400万円なら金利7.0%、400万円超なら金利5.0%、といった具合です。

 

金利は限度額が大きい程低くなる傾向にあります。カードローン初心者の場合、借入額も少な目からスタートするケースが多いので、最高金利に注目するとよいでしょう。

 

最高金利で比較をすれば実際に借りる際に低負担で借りられるカードローンが分かりますが、注意をすべきは銀行のカードローンです。銀行カードローンでは限度額によって上限金利が変わるオリックス銀行カードローンの適用金利をはじめとする商品内容が多いため、借り入れ金額での上限金利を見ておかないと正しい比較ができなくなってしまいます。

 

利息と返済期間

金利が低い程払う利息は少なくなりますが、それだけでは説明としては不十分です。金利が同じでも、さらにいえば低くても、払う利息が大きくなる場合があります。カードローンを利用する時には、返済期間についても注目するとよいでしょう。

 

10万円借入れしたとして、金利12.0%で1年後に一括返済した場合、かかる利息は12,000円です。金利が18.0%だったとしても、半年で一括返済した場合、かかる利息は9,000円しかかかりません。

 

返済期間が短い程かかる利息は少なくなりますが、一番の理想は短期一括返済です。何かのきっかけで10万円借りたとして、翌日一括返済した場合、かかる利息はたったの50円です。嘘みたいな話ですが、カードローンの金利は基本的に、年利に対する日割り計算で算出されます。1日後に返済すれば1日分しか利息はかかりません。1カ月後なら1カ月分しかかかりません。

 

そして、返済をするたびに元金も下がっていきます。通常カードローンでは月1回の返済が多いですが、2カ月目、3カ月目と、元金が減っていくにつれてかかる利息も少なくなっていきます。

 

返済期間を短くするには、毎月の返済額を増やすか、随時返済で追加の返済を増やしていきます。賢くカードローンを活用する人は、随時返済を活用しています。

 

無利息で借りる

カードローンの理想的な利用方法は、利息を払わずに借りる、です。当たり前の話ですが、カードローンを利用すると利息が発生します。条件付きで、無利息で借入れできるカードローンがあります。

 

例えばプロミスでは、初回利用時に、30日分利息がかからないでカードローン契約が結べます。条件はメールアドレスの登録とWeb明細の利用登録に申込むだけ、費用などもかからずデメリット無しで無利息期間のサービスが受けられます。

 

無利息期間内に完済すれば、利息を全く払わずに完済が可能です。また、無利息期間が過ぎたとしても、そこから通常の利息がかかるだけで、デメリットは特にありません。初めてのカードローン契約であれば、無利息期間有りのカードローンは狙い目です。

 

プロミスは契約機を使うと土日であっても最短で当日中のカード受け取りも可能となり、急ぎで借りたい方にも人気です。契約機は繁華街をはじめとしてプロミス久留米市の契約にもあるように多くの地域に設置がされているので便利です。